情報セキュリティ基本方針

  株式会社北央情報サービス(以下、「当社」)は、事業活動を正常かつ円滑に行う上で、 情報セキュリティの確保は重要課題のひとつであると考え、「受託開発業務」において、 当社及びお客様からお預かりした情報資産をあらゆる脅威から保護する指針として、 情報セキュリティ基本方針を策定し、これを以下の通り実施し推進します。

1.情報セキュリティ体制

当社は、情報セキュリティ管理責任者を任命し、所要な規定の策定と実施により適切な情報セキュリティの確保に取り組みます。

2.情報資産の保護

当社は、情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するために、組織的、技術的に適切な対策を講じます。

3.法令等の遵守

当社は、情報セキュリティに関する法令、規則等及び契約上の要求事項を遵守します。

4.教育、訓練の実施

当社は、経営者・従業員・協力会社社員に対して当基本方針及び関連諸規定などを通して、情報資産を脅威から保護することの重要性を十分に認識するように、必要な教育、訓練を実施します。

5.情報セキュリティインシデントの報告

当社は、設備・技術・制度などの各側面からバランス良く情報セキュリティ対策を実施し、情報セキュリティ上の問題に対して発生の予防を図り、問題発生時には迅速に対応します。

6.継続的な改善

当社は、本“情報セキュリティ基本方針”および関連する諸規則、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。


制定日 平成21年07月01日
改定日 平成26年11月30日
株式会社 北央情報サービス
代表取締役社長 菅原 武美